スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
わくわくなれいっぺさん便♪
2014 / 03 / 15 ( Sat )
moblog_0f9ecf38.jpg


先日(と言ってもまたまた大分前のこと★)
とぉっても仲良くしていただいている沖縄の素敵ソーパーさん
れいっぺさんから、心躍る素敵な贈り物が届きました。



れいっぺさん、いつもホントにありがとうございます!
ずっしりと重いレターパックの中から続々と出てきたのは…



れいっぺさん手作りのキャラメルキューブラスク、奈良・油長酒造さんのこだわりの酒粕「風の森」
久保田アニキの最新アルバム「KUBOSSA」そして、4種類の素敵石けんさん♪



ブログで拝見したときに、な、な、なんておいしそうなの~!?と
食いしん坊のワタシのハートをわしづかみしたキャラメルキューブラスク。



ちょっと、奥さん!これマジで売り物かと思いましたよッ
そして売り物以上のおいしさに、ワタクシ誰にもやらずに1人で完食いたしました~☆



さくさく、カリッカリのひとくちラスクに
ほろ苦く香ばしい優しい甘さのキャラメルソースがからみ
隠し味のお塩が甘さをキュッと引き締めている絶妙な味加減。



すごいです。プロの仕事です。職人技です、れいっぺさん。



その後、れいっぺさんに作り方を教えていただきましたが、
あのお味に仕上げられる自信などワタクシ全くございません。
多分よほどのやる気と時間の余裕と、お菓子作りへの情熱がなければできないと思ふ。



まるまる一日なあんにもない日に(いっぱいあるでしょww)
意を決したら作ってみようと思います!



油長酒造さんの酒粕は、れいっぺさんがわざわざ奈良からお取り寄せされた
貴重なお品を送って下さいました♪



レターパックを開けた瞬間、ふわりと酒粕のいい香りが。



え?酒粕ってこんななめらかだったっけ?って驚いたほど、柔らかなきめ細かい酒粕で
風の森と言う、一見酒粕からはかけ離れたように思えるネーミングも納得の逸品です。




酒粕石けんはワタクシ恥ずかしながら作ったことがございません。
もっぱら頂き物を使うのみでしたが、その使い心地は折り紙つきですのよ
これをいただいたからには何としても酒粕石けん仕込まないとね~



粕汁もすごくおいしかったそうなので、粕汁にも少し使わせていただきます。って…
ソーパーの性としては、まず石けんが何事も優先いたします笑




そして、最新アルバム「KUBOSSA」と、久保田利伸さんの大大大ファンのれいっぺさんが
久保田アニキの曲のイメージからブレンドされて作られた香りとデザインの「久保田石けん」♪



昨年に引き続き、今年もまたいただいてしまいました。きゃっ☆



昨年の久保田石けんもどれもホントに曲のイメージぴったりのすばらしい香りとデザインの石けんさんばかりでしたが
今年のはさ・ら・に!バージョンアップしております!!



何と言っても、ワタシの大好きな「Missing」の曲のイメージの香りをブレンドされたと
れいっぺさんのブログを読んでからと言うもの
いったいどんな素敵な香りなんだろう~?と、妄想は膨らむばかり。



昨年の久保田石けんをいただいた後に、ぜひ!来年は「Missing」の香りを作って~♪と、れいっぺさんにお願いしてしまったほど
ワタクシ「Missing」と言う曲が大好きなんですの



久保田アニキ初期の代表作のこの曲は、久保田ファンではなくても
誰もが1度は耳にしていると思うし、ご存知の方はとても多いと思います。



お互いに愛し合っていながら決して報われることのない切ない恋を
美しいバラード調のメロディにに乗せて切々と歌いあげるこの曲をぜひ石けんで表現してと、
れいっぺさんの久保友さんからも多数のリクエストをいただいていたそうなんですよ♪


moblog_d1e9fd22.jpg

こちらが「Missing」
琉球藍パウダー、竹炭パウダー、ローズクレイで
濃淡が美しい斜めグラデーションにデザインしてあり
透明石けんを散らして歌中の「星の夜も~」の、星のきらめきを表現されています。



香りはレモンマートル、ベルガモット、ラバンディングロッソ、カモミールローマン、
メイチャン、イランイラン、オレンジスイートで付けられており
華やかな中に甘酸っぱい爽やかさが、切ない恋のキュンとした胸の痛みを醸し出しています。



水分の一部に銘酒・久保田を煮切ったものを使い
残りの水分には久保田アニキの出身地、静岡で採水された天然水を使われると言うこだわりよう!



ちなみに、久保田石けんの水分にははすべてこのこだわりの水分が使われています。



それにしても「Missing」の世界観が
この石けんの中に完璧に表現されていて、マジすごい!!


moblog_5f62cc38.jpg

こちらは久保田アニキのツアータイトル
「in the Universe」をイメージされた石けん。
ラピスラズリパウダー、ガスールクレイ、あずきパウダーが配合されています。



香りはローズウッド、ローズゼラニウム、マジョラムスイート、ベルガモット、アルベンシスミント、
ネロリ、ラベンダーファイン、オレンジスイート、ベルガモットミントで付けられており
ミントと柑橘の爽やかさいっぱいな中に、ネロリやラベンダーの上品な香りがふわりと感じられ
ローズ系の華やかさ、奥深さも複雑に入り混じったものすごくいい香り!



れいっぺさんはこのブレンドの香水をたくさん作って、
アニキのライブにいらっしゃる久保友さん達に配られたそうです♪



わあ~めっちゃうらやましい!!



それにしても、こんなにれいっぺさんから愛されてる久保田アニキ。
自分の曲のイメージの香りや石けんがあることを知ったら
ものすごく感動するだろうなあ~


moblog_c22ac98b.jpg

「Heavenly Lady」
こちらKUBOSSAアルバムの中の同曲をイメージされた石けん。



ラピスラズリパウダーと水酸化クロムグリーンのグラデーションで
曲中の「アクアマリン溶かしたような…」の波の色を表現されています。



香りは、ローズマリー、フランジパニ、ジャスミン、レモン、サイプレス、グレープフルーツ。



おおっ!爽やかっっ!!
そして南の島のお花の香りが後から絶妙にやって来ます。



曲調がすごくおしゃれなボサノバで、久保田アニキの曲の世界観とボッサのベストな融合と言う感じ♪



透明感のある心地よい響きで、波打ち際で戯れている愛する彼女を
優しい眼差しで見つめる、恋するオトコの幸福感~みたいな感じの曲なんですが
うんうん、この香り、天国感半端ないです!
って、月並みな表現しかできなくて、れいっぺさんごめんなさい。



軽いボッサの曲調と恋する幸福感と、曲全体の透明感がホントにこの香りとデザインにピッタリなんです。
そしてワタシの大好きなジャスミンさまも入っているのですもの~
ジャスミンさまの使い方がうますぎますわ!れいっぺさん


moblog_c70319b7.jpg

「雪椿」
この香りもすご~い好き~
れいっぺさんもお気に入りの香りのようです。



こちらは新潟の越乃雪月花の酒粕が水分の半分も入っていて
ものすごくしっとりトゥルトゥルな使い心地!



ええ、この石けんさん、もうワタクシ我慢できずに使っておりますの。
椿油メインでアルガンオイルまで入っている極上石けんさんなんですもの♪



しかも、酒粕たっぷりなのに香りが酒粕臭くないんです。
もはや神業だわ…



そのすばらしい香りは、サンダルウッド、ゼラニウム、サイプレス、
マンダリン、ティーローズで付けておられます。



上品な花の香りがふわりと漂ってホントに素敵な香りです。



れいっぺさんの香りのブレンドのすごいところは、
個性的な香りの精油をたくさん使っているのに、どれもすごくいいバランスでブレンドされているので
それぞれの香りが主張することなくまとまって、ひとつの香りの作品として完成されているところ。



ワタシなんか、あ、ジャスミン入ってる。ってすぐに分かっちゃうブレンドよくするので
(だって、好きなものバンバン入れちゃうから…)とっても勉強になります。



何が入ってるの?このいい香りは!?
なんだかわからないけど、ものすごくいい香り♪
お~っ、こんなのが入ってたんだ!…
と、思わせる香りのブレンドはすごく難しいんです。
最近ちょっとブレンドに行き詰まっているので、も少しアタマ柔らかくしないとなあ…



れいっぺさん、この度はたくさんの素敵な贈り物をありがとうございました!
すばらしい香りの久保田石けんさん達にすごく刺激をいただきました。



ラスクはもう食べちゃったケド笑全部大切に使わせていただきますね♪
ありがとうございました!



そしてご紹介が遅くなってしまってごめんなさいです。
これからもこんなワタシですが、仲良くしていただけたらうれしいです♪















スポンサーサイト
10 : 21 : 13 | いただきモノ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<パールカモマイル♪ | ホーム | アロマフェスタ初参戦♪>>
コメント
----

kano*koさん♪先日はお世話になりました!
一緒に石けんを作れて、すごく楽しかったです(^-^)

れいっぺさん便は、いつも本当に素敵ですよね♪
久保田石けんには感動です☆
Missing は、正に恋の香りだと思いました。
れいさんの石けんの香りを嗅ぐと、
その情景まで浮かんでくることがあって、
本当にすごいと思います。

酒粕石けんは私も作ったことがないけど、
頂いたからには作らなきゃ!ですよね(*≧∀≦*)
一緒に酒粕石けんデビューしましょう♪
by: Miyu * 2014/03/15 17:00 * URL [ 編集] | page top↑
----

か、kano*koさん!

自分の作った石けんなどが私のじゃないみたいに思えるほど
素晴らしい文章でとっても素敵にご紹介いただき
ありがとうございます。

いやいや、kano*koさんもMiyuちゃんも褒め過ぎよ。
照れちゃいますが、そんな風におっしゃっていただいてありがとう。
時間のゆとりが出来たら、キューブラスクの新味を
編み出してみようと思ってるので、
上手く出来たらまたみんなに送ります(笑)。
食パンを乾燥させてソースを絡めて焼くだけの
失敗なしのレシピなので気が向いたら作ってみてね。

いやいやいや・・私のブレンド、そんなにうまくはないんですよ。
久保田石けんは曲の世界観を壊してはいけないって
いうのが頭にあって、ドキドキ感満載でブレンドしています。
乾燥中の香りの変化を防ぐために
久保田石けんに使用している香りは、ブレンドして
1週間くらい寝かせているのですが、寝かせてみると
思ってた以上に違う香りになったりするので、甘さが出ちゃってたら
柑橘系を足して調整するとか、お花の香りが欲しいなとか思って
バランスを取ってるうちに数が増えてるってのが正解でーす(笑)。
フレグランスもまた作るつもりなので、今度送るね。
石けんは兄貴に見ていただくなんて恐れ多いので
ひっそりこっそり作っておりますw

「雪椿」早速使ってくださってありがとうございます。
酒粕はしっかり煮切っているのでほとんど香りはしないと思います。
酒粕はお水で煮込むこと15分。そのまま冷まして、
ミキサーにかけてなめらかにしています。
苛性ソーダ水を水分半量にしておいて、
緩めのトレースが出た段階で酒粕をどっばー(笑)!
テンションが上がって半分以上入ってしまうこともありますw
酒粕を入れると温度が上がるので、タネの温度をちょっと低めにするか
酒粕を少し冷やすかで調整したほうがいいかもしれません。
(沖縄は気温が高いので私はタネの温度をちょっと低めにしています)
石けんに粕汁に使ってくださいね。
こちらこそこれからもどうぞ仲良くしてやってくださいませ♪
by: れいっぺ * 2014/03/15 23:19 * URL [ 編集] | page top↑
----

Miyuさん♪

こちらこそ、先日はまたお会いできてご一緒にぐるぐる楽しかったです(o^^o)
生たおさんはホントに素敵な方でしたね!
来月もワタシ達4人でたおさんを独占しちゃうかと思うとめちゃワクワクしますね〜(≧∇≦)

れいっぺさんの久保田石けんは、そう!香りやデザインから
情景がうかんでくるんですよね♪
全部めちゃめちゃいい香りで、ずっと嗅いでいたいくらい!
人を幸せ〜な気持ちにさせてくれる石けんを作られるれいっぺさん、
心の底から尊敬しちゃいます!

そ して、ようやくワタクシ重い腰を上げて酒粕石けん作りました〜〜(^O^)/
じっくり煮詰めてアルコールを飛ばした酒粕を
オイルの10%分後入れしてみましたよ〜
濃いめの香り付けでマスキングしたら、今の所酒粕の匂いはあまりしていません。
噴火もしなかったし、初酒粕石けんはとりあえず成功したかも〜(≧∇≦)
Miyuさんも酒粕石けんデビューしましょう!
by: kano*ko * 2014/03/17 21:33 * URL [ 編集] | page top↑
----

れいっぺさん♪

とんでもございません!れいっぺさんの石けんさんの素晴らしさは
ワタシの稚拙な文章ごときではまだまだ語り尽くせません。
久保田石けんだけでもとってもうれしいのに、
その上たくさんの贈り物を本当にありがとうございました(o^^o)

久保田石けんの香りは、曲の世界観を余すところなく表現されていて
どれも本当にすばらしい香りです^_^
そうそう、ブレンドした香りは寝かせているうちにどんどん変わって来ますよね。
作ったばかりの時はよし!と思っても、時間が経つと物足りなさを感じたり
その逆もあって、時間が経つほど熟成度か増していい香りになったり…
ただてさえ難しいブレンディングを、曲のイメージに合わせて作るのは神業です。
いい香りにはなったとしてもイメージとかけ離れていては意味がないし。
そう言う意味でも、久保田石けんは完成度の高さが半端ないと思いました!
さすが、れいっぺさんです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ええっ!?フレグランスまで、よろしいのでしょうかッ!!
なんかもう、次々に催促しちゃってるみたいでホントごめんなさい(^^;;
でも石けんのあのいい香りがフレグランスになったら
どんな超絶いい香りなのか…またまたワクワクしてしまう、
ちゃっかりなワタシf^_^;)スミマセン★

れいっぺさん、ワタシついにいただいた酒粕で石けん作りました〜
アルコール飛ばしとか噴火とか、難しそうなこと聞いていたので
ドキドキしながらの仕込みでしたか、れいっぺさんのご指導通りにやってみたら
酒粕の匂いも今のところかなり抑えられているようで、やったー!って感じです(≧∇≦)
酒粕石けんはすごく使い心地がいいので今から解禁が待ち遠しいです♪
びびって800グラムのオイルに80グラムの酒粕だったので
まだまだたくさん残っている貴重な「風の森」。
大切に使わせていただきますね!



by: kano*ko * 2014/03/17 22:28 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://alomasoap.blog.fc2.com/tb.php/295-f68d7a08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。